■現在位置■ 相続登記費用格安.com(司法書士事務所運営)トップページ
         > 相続登記にかかる費用について(司法書士報酬)

相続登記にかかる費用

相続登記にかかる費用は、以下の合計です。

1、司法書士報酬 + 2、登録免許税 + 3、実費

上記の合計が当司法書士事務所からの請求の額となります。2の登録免許税と3の実費の概ねは、ご自身で登記申請をされても必要となる費用です。

土地1筆建物1棟(評価800万円)の場合の請求例はコチラ

司法書士報酬

司法書士報酬は、全国一律、1申請37,000円(税抜)の定額報酬です!

遺産分割協議書や相続関係説明図などの一切の書類作成報酬も込みの価格です。
価格、品質には自信があります!

同管轄の法務局であれば、不動産の個数、評価額、相続人の数に関わらず1申請の価格です!37,000円(税抜)×申請数 となります。

但し、不動産の管轄が別であったり、同一の法務局の管轄でも、分割協議案によっては、法律上、申請を分けてしなければならないような場合があります。このよう場合は、2申請分の費用(37,000円×2申請)となります。法律上の制限ですのでご理解のほどをお願い致します。

また、書類の収集を当事務所にご依頼頂く場合は、書類1通につき1,000円(税別・実費別)の報酬がかかります。

当相続登記サービスでは、1申請の格安定額報酬にて相続登記サービスをご提供しております。1つの申請でできる相続登記を2つに分けて申請し、割増報酬を請求している司法書士が存在するようです。当相続登記サービスでは、法律上可能な限りの最小限の申請数にて、相続登記を申請致します。
(例)土地建物の他に、私道持分がある場合には所有権移転登記と持分全部移転登記の2件の登記申請が必要で、これをまとめて1件で登記することはできないとし、申請2件分の報酬を請求している。→基本的には1つの申請にて登記申請可能です!当司法書士事務所にお任せ下さい!

土地1筆建物1棟(評価800万円)の場合の請求例はコチラ

登録免許税

登録免許税は、取得する不動産の評価額に4/1000を乗じた額となります。

不動産の評価額は、固定資産税の納税通知書に記載がされています。

納税通知書がお手元にない場合は、不動産の所在を管轄する役所の税証明窓口で請求できる不動産評価証明書に記載がされています。

新築など場合によっては、通知書がなかったり、評価証明書が発行できなかったりすることもありますので、その際は当司法書士事務所にお知らせください。

土地1筆建物1棟(評価800万円)の場合の請求例はコチラ

実費

上記、登録免許税や司法書士報酬以外にかかる郵送や登記事項証明書を取得する費用は実費として別途ご負担頂きます。また、書類などを当司法書士事務所にご郵送頂く場合などの費用は、ご依頼者様にてご負担頂きますようお願い申し上げます。

ご負担頂く実費は、次のようなものです。

■登記事項証明書 1通につき335円

登記事項証明書は、土地の状態を知るために取得するものです。登記前に不動産ごとに各1通、登記後に不動産ごとに各1通取得いたします。

■郵送費

オンライン登記申請後、書類を法務局に送付し、返却書類を郵送してもらう郵送費用のエクスパック510円×2(往復)=1,020円や、ご依頼者様に書類をお送りする費用です。

■書類取得費用(別途書類収集のご依頼頂いた方のみ)

住民票や戸籍取得の実費です。自治体により価格は若干異なりますが、それほど大差はありません。参考として当事務所の所在地である大阪市は次の通りです。
・・・住民票200円、戸籍謄本450円、除籍謄本750円
*上記取得のための交通費や郵送費の実費もご負担頂きます。

■その他実費

かかる実費は、概ね上記ご説明の通りですが、その他事情により負担しました必要実費は、ご負担頂きますので、ご理解のほどをお願い致します。

土地1筆建物1棟(評価800万円)の場合の請求例はコチラ

請求例

例えば、申請法務局が同一の戸建土地1筆建物1棟(評価合計800万円)の請求は以下の通りとなります。(当司法書士事務所への書類収集の依頼はない場合)

(1)登録免許税 800万円×4/1000=32,000円

(2)司法書士報酬  37,000円+消費税2,960円=39,960円

(3)実費 以下必要実費の合計 =3,810円
・・・押印書類郵送費(本人限定受取郵便) 670円
・・・書類作成前の登記事項の確認 335円×2筆=670円
・・・法務局への申請書類送付+書類返送 エクスパック510×2=1,020円
・・・登記完了後の登記事項の確認 335円×2筆=670円
・・・登記識別情報等をご依頼者様に返却(本人限定受取郵便) 780円

上記(1)(2)(3)の合計である75,770円が請求額となります。

注意事項

常識的な範囲を逸脱する程度に事務上複雑な事案は、定額報酬サービスでのご依頼をお断りさせて頂くこともありますのでご了承頂きますようお願い致します。

ご依頼・お問合せ・相談について

ご依頼・お問い合わせ・ご相談については、当サイトの右上部分記載のお電話か、こちらのメールフォームをご利用ください。